生意気なM 可愛いS 砂上の城
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
砂上の城
わかってないわけじゃなく
気づいてないわけじゃなく

足元の砂は時に胸の中の嵐にさらされて
寄せる波に怯える

想いに

溺れているようで


自分のいる場所は
俯瞰して見えている


月が欠けてまた満ちてゆくように
逢瀬の時は巡りくる

けれど

雲に覆われればそれだけで暗闇


脆さがあるからこそ 固く
一本のロープを強く握る
それは私の心からするするとのびる
あの人の元へとまっすぐに



砂のお城


それでも 




いつからあったのか 愛はちゃんと ここにある





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2008/02/06 00:06】 | In a pocket | トラックバック(0) | コメント(3)
<<先週の露出 | ホーム | 私にとっての最良のサディスト>>
コメント
愛がいつからあったのか 知りたぃけれど
知らなくてもぃぃのかもしれなぃ。

今 確かに愛があって
その愛が ずっと続ぃてくれたら・・・

願うのは愛が育ち続けて欲しぃ
【2008/02/08 】 URL | かりん。 [ 編集]
大丈夫、その手を離さなければ、迷っても抱き寄せて頂けるのですから、

愛してるがゆえに、淋しいと思う。
けれどそれも愛する人がいるからこそ。

enoが以前私の友人に言った言葉。
「逢えなくて淋しいと思うのは、本物の相手と巡り会っても付いて回るもの。
でも、本物の相手が与えるものであるなら、その淋しさも耐えることができる」

凄く嬉しい言葉でした。

【2008/02/08 】 URL | yo-ko [ 編集]
かりんさま
育ち続けてほしいですよね。
ずーっと。。
互いにそうでありますことを願っています。

yo-koさま
愛してるからこそ苦しくて、迷って。

「愛なんて」とか「愛がなんだ」とか
そういうタイトルの本は結構多いのですが
そんな題をつけた人のそのときの気持ちがわかる気がするときがあります。やりきれなくて、ちょっと思いきり走り出したくなるような、暴れたくなるような。

でも「愛」がなくてははじまらない。
負の気持ちにもしっかり向き合って乗り越えていきたいです。


【2008/02/18 】 URL | 凜 [ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amaniga.blog103.fc2.com/tb.php/204-f0ceb6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
生意気なM 可愛いS


LOVE&SM・主従というよりは恋人に近い、お互いをかけがえのないパートナーとして考えている・そんな関係の愛しいご主人様がいます。。

当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、無断転載、無断使用を固く禁じます。全てのコンテンツの著作権は、凛が所有しています
プロフィール

凛

Author:凛

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

サイトマップ

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。